知ってる人だけ得してる!Amazonで買い物する前にチェック

Outlookで英文メールがはかどる「翻訳ポップアップ」の設定方法

Outlookで翻訳ポップアップを設定する方法英語勉強法

私の勤める業界では、まだまだマイクロソフト製品が幅をきかせています。

貸与されるPCのOSはすべてWindows。

つかうソフトもWord, Excel, Powerpointはわかるけど、Outlookはイマイチ。。。

Outlookでもストレスなく英文メールを読む設定をご紹介します。

翻訳ポップアップで英文メールを読むストレスが軽くなる

Microsoft Outlookで英文メールをやり取りする時に、ちょっとわからない単語の意味をサクっと調べる方法があります。

参考 ミニ翻訳ツールを使った翻訳-Officeサポート

設定ひとつで、英語メールを読むのがずっと楽になります。

スムーズに読みこなすためにも、イチイチ単語を調べてられません。

Outlookで翻訳ポップアップを設定する方法

Outlookで翻訳ポップアップを設定する方法

  1. 新規メール作成の画面をひらく

    受信トレイの画面ではなくて、新規作成画面です。
    設定が終われば、受信トレイの他のメールも翻訳しながら読めます。

  2. 上にあるタブから「校閲」をえらぶ

  3. 「ミニ翻訳ツール」を選択してonにする

    ポップアップで単語の日本語訳が確認できるだけでなく
    音声の再生ボタンがあれば、発音も聞くことができます。

(職場ではサイレントモードだからもったいない)

別の言語でテキストを翻訳する– Office サポート

「翻訳言語の選択」をえらぶと、英語以外の言語にも翻訳できます。

およそ20言語くらい選べるようになっています。(OSによって言語数が違うそうです)

翻訳機能、英語入力サポートはGmailが便利

会社のセキュリティコード、ITポリシーなどに抵触しないことを確認しましょう。

Gmailの機能を使うと受信した英文メールを読む場合も、英語で返信メールを入力する場合もとても便利です。

Outlookのメール転送設定で、仕事のメールをすべてGmailに転送してしまうという力技もあります。

Gmailに仕事用のフォルダを作るなり、仕事専用のGmailアカウントを取得してしまうことも可能です。

仕事メールのバックアップ(保存用)としても役に立ちます。

が、しかし私の会社ではIT部から転送禁止のお達しが出て使えなくなりました。

WebサイトでGmailを開いて貼りつける

会社のサイト閲覧ポリシーなんかに引っかかる可能性大。

Gmailへのログインが必要なため、制限される会社は多いかとおもいますが。

転送がNGでも、outlookのメールをGmailにコピペして読みさばくのも一案です。

英文メールを読むのも、書くのも、自動翻訳の機能がサポートしてくれるGmailは非常にありがたいツールです。

返信メールを作成中に入力途中に単語の候補を示してくれたり、スペルミスをやさしく修正してくれたり、文末に自動でピリオドつけてくれたり。本当にやさしい機能です。

web版のGmailがひらけるPC環境ならば、ぜひ英文作成の時だけでも使う価値ありです。

まとめ:Outlookで英文メールを読みこなす方法

  1. Outlookの翻訳ポップアップを設定する
  2. Gmailに全メール転送して読む・書く
  3. webサイトでGmailを開いてコピペ

3つの方法をご紹介してみました。私はすべて試しました。

わからない単語のたびにwebで検索して意味を調べていたのでは、メール1通読むのに時間がかかってしょうがありません。

だからといって、TOEICの長文のようにサクサク読み飛ばしてしまっていては意味を取りちがえてしまう恐れもあります。

ビジネスで英語をツールとして使いこなすために、メールの処理スピードはとても大事なスキルです。

英語力にITスキルをプラスして、しっかり自分の価値を高めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました