Outlookで英文メールがはかどる「翻訳ポップアップ」の設定方法

スポンサーリンク
Pocket

私の勤める業界では、まだまだマイクロソフト製品が幅をきかせています。
貸与されるPCのOSはすべてWindows。
つかうソフトもWord, Excel, Powerpointはわかるけど、Outlookはイマイチ。。。

少しでもストレスなく英文メールがやりとりできる設定をご紹介します。

スポンサーリンク

翻訳ポップアップで英文メールを読むストレスが軽くなる

Microsoft Outlookで英文メールをやり取りする時に
ちょっとわからない単語の意味をサクっと調べる方法があります。
ミニ翻訳ツールを使った翻訳-Officeサポート

設定ひとつで、英語メールを読むのがずっと楽になります。
スムーズに読みこなすためにも、イチイチ単語を調べてられません。

Outlookで翻訳ポップアップを設定する方法

Outlookで翻訳ポップアップを設定する方法

  1. 新規メール作成の画面をひらく

    なぜか、受信トレイの画面ではなくて、新規作成画面です。
    設定が終われば、受信トレイのメールも翻訳しながら読めます。

  2. 上にあるタブから「校閲」をえらぶ

  3. 「ミニ翻訳ツール」を選択してonにする

    別の言語でテキストを翻訳する– Office サポート

    ポップアップで単語の日本語訳が確認できるだけでなく
    音声の再生ボタンがあれば、発音も聞くことができます。

(職場ではサイレントモードだからもったいない)

「翻訳言語の選択」をえらぶと、英語以外の言語にも翻訳できます。
およそ20言語くらい選べるようになっています。(OSによって言語数が違うそうです)

わからない単語がでる度にwebで意味を調べていたのでは、メール1通読むのに時間がかかってしょうがありません。
だからといって、TOEICの長文のように読み飛ばしてしまっていては意味を取りちがえてしまう恐れもあります。
ビジネスで英語をツールとして使いこなすために、とても便利な設定です。

最近、会社の貸与PCの入替え作業をしています。
翻訳ポップアップも、設定し直さないと使えなかったのでメモ用に記事を書きました。

やっとTOEICスコアが評価されて海外プロジェクトにかかわっています。
スムーズに、なるべくストレス無く英語で業務をすすめ

私の勤務先でも、業界カラーとしてMacよりWindowsが主流です。
Outlookは必要に迫られて使っていたのですが、
最近はiPhoneアプリやOWA(webから自分のメールアカウントにログインできる)のインターフェースも使い勝手がよくなりました。
仕事用と割り切って、メールとスケジュール管理に使っています。

スポンサーリンク

この記事をシェアする