東京スカイツリー「幟(のぼり)」は開業5周年記念ライティング

スポンサーリンク
Pocket

東京スカイツリーが本日2017年5月22日(月)に開業5周年を迎えました。

2012年にスカイツリーの足元に引っ越してきてから、毎日のようにスカイツリーに「ただいま!」を言ってきたので、開業記念日は忘れていたけど今夜のライティングが違うことは一目で気づきましたよ!

Tokyo SkyTree changed it’s lighting to new 幟(NOBORI) special display. Because of it’s 5th anniversaty on 22 May 2017.

新ライティング「幟(のぼり)」とは?

これまでは「粋(いき)」、「雅(みやび)」と寒色系の涼しげでクールなライティングでしたが、今回はオレンジ系の暖色で温かみのあるライティングが登場しました。

幟(のぼり)」は古来より縁起の良い色とされてきた橘(たちばな)色(橙;だいだい)を基調とし、縦のラインで3つの面に区切られた垂直性を強調性したデザインとなっており、点灯開始時に大きな旗が掲げられる様をイメージし、面が1つずつ順番に点灯していく演出となっています。

東京スカイツリー プレスリリースより

少し離れてみると、素敵なラインストーンが出現

こちらはトップの写真より少し距離をもって撮影したのですが(街灯の明かりが防ぎきれませんでした、ゴメン)支柱の明かりがラインストーンのように並んで輝くのでより華やかな印象をもちました。

墨田区や浅草の近隣住民の方にはこちらの方が見慣れた景色になるかもしれません。

毎正時には消灯~再点灯される演出があるそうなので、後日動画撮影に挑んでみたいと思います。

これまでも、消灯時間が23時から24時に変更されてしまい私の終電感覚を鈍らせていたスカイツリー。

残業で遅くなったって、地下鉄を降りてスカイツリーが点灯して迎えてくれたら=23時前なので「結構早く帰れたじゃん♪」なんて喜んでいたのですが、

いつの間にか点灯時間が延長されていて最近は24時まで点灯中?のため、スカイツリーは輝いているのに私の終電ない!!!

もしくは楽しい宴でフラフラ帰宅する時にまだスカイツリーが明るいと「なんんだ、まだ飲めたんじゃン」なんてことが起こっていました。。。

今後もゆるっと調べつつ、スカイツリーのある生活を記録してみたいと思います。

過去にはフランス同時テロ時の鎮魂ライティング、イベントに合わせた限定ライティングも様々ありました。

近隣住人さえも飽きさせない東京スカイツリーの今後を応援します。