海外ドラマ無料放送チャンネルDlife秋のオススメドラマ

スポンサーリンク
Pocket

DlifeはBS258チャンネルで視聴できる無料の海外ドラマチャンネルです。

吹替え版と字幕版の、どちらも放送しているで英語学習のソースとしてオススメしています。

スポンサーリンク

英語学習素材としても注目の無料海外ドラマ放送、2017秋の注目番組 from Dlife

開局当初から5年、ずっと楽しませてもらっている&英語教材として活用している私の注目ドラマをご紹介します。

クワンティコ: season2

アレックス・パレシュ待ってました!!!

Season1でいかにも思わせぶりな(CIAからのお誘いEND)最終回だった、クワンティコFBIアカデミーの真実。

ついにアレックスがDlifeへカムバックします。

この秋には舞台をクワンティコ(FBIアカデミー)からファーム(Farm, CIAの養成所??)へ移して、Dlifeで見ることができます。

主人公のアレックス・パリッシュはインド人初のアメリカ連続ドラマ主演を獲得した女優プリヤンカー・チョープラーです。この点でも、アジア人non-Americanとしては注目したいところです。

いよいよ今週末、2017年9月23日(土)23:00放送スタートです。

当日は外出の予定なので、しっかり予約録画しました(笑)

主人公アレックスの英語は、インド訛りが残ってる?

英語学習者としては、字幕版で聞こえてくる発音にも注目しています。

主人公アレックスを演じるプリヤンカー・チョープラーは元ミス・ワールド優勝の実績をもつインド人です。つまり、彼女にとっても英語は母国語ではないはず。

確かに、字幕版で聞くアレックスの英語には独特のアクセントや音の消失、巻き舌なんかも聞きとれます。

もしもこの先、TOEICのリスニングナレーションにインド英語話者が加わることがあれば。。。アレックスの話す英語は初級教材として最適かもしれません。

とはいえ、アレックスの英語は違和感こそあれちゃんと聞きとれる英語です。本場の?本物のインド英語はもう、別の言葉のようですからね。

エレメンタリー ホームズ&ワトソンin NY シーズン2

個人的にはNYが舞台になっていることと、ルーシー・リュウが出演していることを理由に視聴をはじめたエレメンタリー。

NHK BSで放送されているベネディクト・カンバーバッチ主演のSHERLOCKも観ていると、よりいっそう楽しめますよ。

今では、原作を知らなくても楽しめる魅力に振り回されています。

だれもが知っている推理小説の名作:シャーロック・ホームズですが

本作の舞台はイギリスではなく、現代のニューヨーク(これが私には最高)。

シャーロックは一応イギリス人だけど、刺青だらけの元・薬物中毒患者。

ワトソンに至っては、イギリス人じゃないし、○です!…言えない。

シーズン1の続きとしても、現代版シャーロックホームズとしても楽しみにしています。

あ、モリアーティも○です。シーズン1の後半は本当に振り回されました。

今回のシーズン2ではシャーロックの兄:マイクロフトへ会いにロンドンへ行くようなので、海外好きにはNYとLondon両方の魅力が楽しめますね。

主人公シャーロックがイギリス英語で推理をまくしたてる!

舞台はニューヨークですが、主人公のシャーロックはイギリス出身なのでイギリス英語を話しています。

しかも予想通りというか、ベネディクト版のシャーロックにも共通しているのが、
とにかく早いイギリス英語がシャワーのように溢れてくるところです。

知識量が多く圧倒的推理スピードで推論した内容をとてつもない早口でしゃべるのです。

TOEICのListening partに出てくる、早口なイギリス人女性に悩まされている諸氏にとっては悪夢の再来かもしれません。。。(笑)

しかも天邪鬼なシャーロックの性格から、減らず口というか、一言二言でキッツイ返事を返してみたりもしています。これはPart2の意図問題に強くなると思います。

相棒のワトソンはアメリカ英語です。たまに披露してくれる医学知識も役立つ業界の方がいらっしゃるでしょうね。

グッドワイフ

こちらは今年5月に始まったリーガルドラマをひきつづき見守りましょう(笑)

リーガルサスペンスと分類されているようですが、事件/法廷/オフィス/家庭の要素がバランスよく描かれています。

また長いこと海外ドラマを観ている人は必ず気づくでしょう2キャストの共演も見どころです。

主人公:アリシア・フロリックを演じるのは、ジュリアナ・マルグリーズ Julianna Margulies。

伝説の医療ドラマ『ER緊急救命室」で看護師キャロル・ハサウェイを演じていた女優です。
漆黒のカーリーヘアに見覚えのある人も多いはず。

そしてアリシアの夫:ピーター・フロリックを演じるのはクリス・ノス。

ごぞんじSEX and the CITY(通称SATC)で主人公キャリーの憧れの男、ビッグを演じていた俳優です。このドラマでも、相変わらずセクシーなのにどこかダメ男臭がただよってます。

この2人が夫婦役で共演するなら面白いに違いない!と視聴しはじめましたが、本当の魅力は別のところにありました。

家庭を守っていた主婦の、女としての自立。

アリシアは検事の妻として高級住宅街に居を構えるFamily Wifeだったのですが、夫が不倫スキャンダルで失職し、自ら働いて家族を養っていくことになります。(最近、日本でよく聞くような話。。。)

まだシーズン半ばではありますが、アリシアが職場復帰後にコツコツと実力を発揮している姿は逞しいです。社会人になったばかりの自分の姿を思い出して、初心に返してくれます。

ところで、
私が法廷ドラマが好きな理由は、出演者がみんなパシッ!とスーツを着ていることです。

同じ理由でSUITも大好物です。
SUITには、オフィスワーカーが着る上下ひとそろいの戦闘服「スーツ」の意味と、「訴える」意味があって。。。法廷ドラマの見本のようなタイトルです。
ダブルミーニングの話はダサくなってしまいましたが(汗)、ドラマはとてもクールでイケメンと美女ぞろいです。

グッド・ワイフも、SUITもワイトカラーも、ビシッときめた企業戦士にエネルギーをもらえます。

月曜の21時にグッドワイフを観ると、今週もスーツをカチッ!とパリッ!と着こなして1週間がんばろう!と思えます。

オフィスワーカーも、営業職、外回り職種の同志各位も、ドレスコードがスーツの皆さんには気合の入るリーガルドラマおススメです。

リーガルドラマだけどオフィス英語の宝庫。
短い会話の応酬はPart2の練習?!

グッド・ワイフの出演者はほぼ、キレイなアメリカ英語を話しますし、舞台は法廷からアリシアの家まで幅広いです。

その中でも英語学習の視点で会話表現を盗むなら、オフィス英語かなと思います。

アリシアが務める法律事務所での会話は、仕事の段取りや役割分担の指示などが聞きとれます。

法廷では婉曲的な、、、Part2の意図問題のように遠回しな質疑から本質をつく!ような証人喚問が繰り広げられます。

論理立てて、被告の無罪を主張する根拠を提示するシーンも勉強になりますね。

これぞビジネスシーンの駆け引き英語!という表現を1つでも多く盗みたいドラマです。

海外ドラマを観る理由は、ただ娯楽として国内ドラマ/バラエティを観るよりは少しは英語に触れられるからいいかな?程度に観ています。

それでも熱く!語ってしまう、今シーズンのおすすめドラマを紹介しました。

みなさんも是非ドラマを楽しんで、1話で一つでも英語表現を体得してください。