知ってる人だけ得してる!Amazonで買い物する前にチェック

【有料化】Googleフォトの代わりに写真保存するならAmazon Photosがおすすめ

無料&無制のGooogle Photosが、15GB以上を「有料」へ切り替えます。

2021年5月31日までは無制限でGoogleフォトを使い続けられます。

それまでにアップロードしたものは(高画質の写真や動画と元の品質でない写真や動画)、Googleの無料の容量15GBにはカウントされません。

Googleフォトストレージに関する変更

2021年6月以降、15GBをこえるデータのアップロードが無料保存の対象外になります。

そのままGoogleストレージに課金するのもアリですが、Amazon Photosをはじめ類似のサービスの費用とスペックを比較しました。

Google Photo有料化の代替サービスを容量と料金で検討する

2021年6月以降も15GBまでは無料なんですが、別のGoogleサービス使用量と合算されるのでGmailやGoogle Drive(ドキュメント、表計算、PDFなど)の保存容量にも影響が出てしまいます。

Google One:100GBで月額250円

データ容量が15GBをこえた場合に、そのままGoogleのサービスに課金する「Google One」のサービス。プランは3種類。

  • 100GB:月額250円/年額2,500円(年額を前払いする場合)
  • 200GB:月額380円/年額3,800円
  • 2TB:月額1,300円/年額13,000円

Amazon Photos:無制限で月額500円

Amazonプライム会員であれば無料で無制限に使える写真保存・共有サービス。

正直言うとプライムビデオをメインに楽しんでいるので「おまけ」くらいに考えていたAmazon Photosですが、ここにきて一気にAmazonプライムの目玉サービスになりそうです。

公式 Amazonプライム会員特典一覧

すでにプライム会員の人は、追加の費用負担なしで使えます。

私はAmazon Echo Showで実家に写真を共有しているので、ガシガシ使っています。確認したら20GB以上の写真が保存されていました。

【設定手順】Echo Showで写真スライドショー表示!デジタルフォトフレーム化する方法

Dropbox:2TBで月額1,200円

個人プランは1つだけなので、写真の保存だけでは使い切れないほどの高容量です。

Evernote的に使うなら以下の特徴も注目です。

  • 写真や動画の保存
  • スクリーンショットの自動バックアップ
  • ドキュメントのスキャン
  • モバイルアプリの写真を見る専用のセクション
  • 他のユーザーとコンテンツを共有するための広範囲なアクセスコントロール(パスワードやタイマーを含む)

iCloud:50GBで月額130円

iPhoneを使っているなら、一番カンタンなクラウドサービスです。

書類、バックアップ、メッセージなど、iPhoneにあるものは何でも保存できます。iPhone以外のApple製品間で同期できるので、Macユーザーはさらに便利に使えます。

Amazonプライム会員の特典がさらにありがたい結果

すでにAmazonプライム会員の人にとっては、GoogleフォトからAmazon Photosへ保存先を変更するだけなので問題ありませんね。

未加入の人も、年会費4,900円でPrimeビデオ観たり、Prime Music聴けたり特典たくさんなのでぜひ検討してみてください!

\30日間無料おためし/

Amazonプライム会員特典を確認

コメント

タイトルとURLをコピーしました